RSS | ATOM | SEARCH
クイーン・ボヘミアン・ラガー


限定入荷のチェコ・ビールが入りました。

ロックバンド「クイーン」の名曲「ボヘミアン・ラプソディー」の誕生40周年を記念して2015年にリリース作されたビール「クイーン・ボヘミアン・ラガー」。

フレディー・マーキュリーが学生時代にデザインしたクイーンの紋章をラベルに冠したボトルが最高ですが、中身もチェコ産ピルスナーとくれば当店に置かない訳にいきません。

クイーン・ファンはもちろん、ビール好きなら飲んでおくべきです。

以前入れたアイアンメイデン・ビールも速攻で売り切れてしまったので今回はチェコビールなので多めに仕入れていますが、これが最後の入荷となるそうなので気になる方はお早めに。
author:cesta, category:古本バー, 01:12
-, -, -
アブサンとチェコのお酒


チェコから帰って来ましたが、最近は絵本だけでなくアブサンなどのお酒やチーズなど日本では入手できないチェコの美味しい飲食物探しが楽しいです。

今回も日本未入荷のチェコ・アブサンを仕入れて来ました。

「ABSINTHE AMAVE」
当店でも好評で個人的にも一番好きなチェコアブサン・メーカー「ZUFANEK」から新製品が出ていたので速攻ゲットして来ました。
ブランシェなので程よい甘みがあって華やかな香り、アルコール度数も53%なのでとても飲み易いです。
アルコール度も高く若干クセがあるので、アブサン・マニアの方におすすめ。
「ABSINTHE PETIT FRERE」
「KING OF SPIRITS」と同じ「L’OR」によるこだわりのアブサンで、程よい苦味とスパイシーで複雑な風味が癖になりそう。

「EUPHORIA ORIGINAL ABSINTH」
ニガヨモギが漬け込まれたボトルのデザインが洒落てますが、ツヨン濃度も35mg/kgの最強で、スパイシーな味わい。

更に、アブサンが苦手な方にも日本では手に入らないチェコの美味しいお酒を、って事で女子受けしそうなチェコならではのお酒を2本。

「BECHEROVKA LEMOND」
チェコの養命酒「ベヘロフカ」は日本でも入手可能でもちろん当店にもありますが、この「LEMOND」はベヘロフカと同じ身体に良い薬草酒ですが、レモンなど柑橘系の爽やかなフレーバーで、これからの季節にピッタリです。

「BOHEMIA HONEY」
ハチミツの産地でもあるチェコは蜂蜜酒も造っていますが、これは梅酒とブレンドされた面白い風味の蜂蜜酒。
これも身体に良いお酒です。

名古屋ではなかなか飲むことが出来ないチェコのお酒が増えて来ました。
author:cesta, category:古本バー, 21:43
-, -, -
ウイスキーと焼酎




スコッチ・ウイスキー2本、焼酎1本を新しく入荷しました。

今年は猿年でもあり、ボトルに付いてる3匹の猿が可愛くて入れてみたのは「モンキー・ショルダー」。
スコットランドのスペサイドから3種の最高級シングルモルトをブレンドした100%モルト・スコッチ・ウイスキー。
フルーティーでややスパイシーな風味、スモーキーさは殆どないのでとても飲みやすいです。

評判の良かったライラミスト8年がなかなか入らなくなったので替わりに「アイラミスト・デラックス」を入れました。
ラフロイグを中心にブレンドされたウイスキーで、アイラモルトの特徴であるピート香もしっかり感じられますが、甘くてスッキリした飲み口はウイスキーが苦手な人でも飲みやすいと思います。

そして、完全に趣味で入れたのは、アントニオ猪木のラベルが素敵な焼酎「闘魂」。
author:cesta, category:古本バー, 20:26
-, -, -
ホットサンド


ホットサンド始めました。

ちょっとした酒のつまみ程度のフードしかないので以前からもう少し何か食べるものを出せよ、とのご要望をいただくものの、設備等の関係でそれにお応えする事ができず適当にごまかしておりましたが、遂にcesta史上最高にガッツリ食べられるフードメニューが登場しました!

まずは定番の「ハムチーズ」を先週末から始めましたが概ね好評いただいてますので、今後はバリエーションを増やして当店の看板メニューの1つに育て上げて行きたいと思っております。

ビールは勿論、ウイスキーなんかとも相性バッチリです。

アブサンにも合うメニューも考案中。
author:cesta, category:古本バー, 19:20
-, -, -
フランス・アブサン入荷


また新しいアブサンを入荷しました。

フランス・アブサンの聖地・ポンタリエのエミール・ペルノの高級アブサンを2本。

猫がアブサン飲んでるラベルがカワイイ「BOURGEOIS(ブルジョア)」。
アブサンが禁止される100年以上前からのレシピを復活させた本物のアブサン、だそうです。
ニガヨモギの程好い苦味がクセになりそな美味しさで、本物のフランス・アブサンを飲んでみたい方は是非。

「LA BERTHE DE JOUX (ベルト・ド・ジュー)」は同じくエミール・ペルノの主任蒸留師、ドミニク・ルーセルが手がけた初のオリジナル・レシピで、専門家たちから絶賛されている逸品。
華やかな香りとスパイシーな味わいはこれまで飲んだアブサンたちと一味違いました。

フランスの老舗蒸留所の伝統的なレシピと現代の最高峰のレシピのアブサンを飲み比べてみてください。

もう一本もフランス産で、当店でも「ヒゲ」のラベルでおなじみの「VERSINTHE ABSINTHE (ヴェルサント・アブサン)」。
ヴェルサント3兄弟で唯一入荷していなかったので入れました。
19世紀プロヴァンスの伝統的製法で20種以上の薬草を使用し、着色料など無添加で作られる高品質なアブサンです。
アルコール度数45度と、アルコール度数も低く、甘みが強いので飲みやすいかもしれません。

現時点でcestaでお飲みいただけるアブサンは39銘柄となります。
名古屋でアブサン飲むならcestaへ。
author:cesta, category:古本バー, 17:52
-, -, -